2012年09月13日

稽古場リレー日誌:甲田

稽古場日誌続きます。
残暑がまだまだ終わらないここ最近ですが、夏バテはしていませんか。
それでも稽古は続きます。

今回上演致しますナイゲン、役者陣も多彩で稽古場は笑いが絶えません。役者の一人である私もみなさんの輪の中に入ろうと日々奮闘しております。ただ、どうもわたくし、年上年下同い年に関係なくすべての人に敬語を使ってしまうという悪い癖がありまして、これがなかなか厄介です。人との壁をつくってしまう一要因ですな。一要因というからにはそれ以外も多々あるわけで…。
さらに、今日の稽古場でショッキングな事実に気付かされたわけです。あっ、そういえば自分にもフランクにしゃべれるやつがおるやん!!よかった良かったと思うのも束の間、それが誰かと申しますと…ジャッキーだったわけですわ。共演者が携帯につけている熊のぬいぐるみ、ジャッキー(♂)2歳、こいつを介してなら、いやこいつとならタメ口、関西弁でしゃべれると気付いた時、唖然、愕然となりそして悲しくもあるという。しかしこれが受け入れるべき現実なのか。僕と話す際はジャッキーを通して話していただければと思います。これは半分冗談ですが半分マジなのかもしれません。ああ、オレはどこへむかっているのだろう。
ジャッキー、みとってくれ。オレ、お前としゃべるみたいにみんなとうまくやっていくわ!
ブログ上にて失礼ながら、自称一匹狼、共演者の皆様と巧くやっていく意志はあるみたいです。情緒はちと不安定ですがどうぞよろしくお願い致します。

そしてナイゲンを楽しみにしているお客様、ジャッキー共々劇場にてお待ちしております。

それでは次は遊びが大好きさいとう篤史さんよろしくお願いします。

と、昨日書いたこのような文章で筆をおこうと思っていましたが、ブログ上に載せるのを失敗し、また少し短かったので続きを書いてみることにします。

本日もやはり稽古。残暑はまだまだ続くよう。
稽古を始めるまえ、準備運動がてらに僕たち、私たちはいつも種々多様なゲームを行います。まぁ色々なゲームがあるわけですが、緊張感、集中力を高めるためか最近では罰ゲームを科したりしております。
罰ゲームの内容は物まね。先日のスギちゃんに始まり、本日のお題は小島よしお。
まさか自分が負けるとは…。
結果的には良かった。
罰ゲームというのは教育の場などではよく問題にされたりしますが、自分にとってはうまく働くものなのかもしれません。これも使いようですな。人との壁は壊れ、距離は縮まり、人間を人間たらしめる何か恐ろしい力がそこには…。但し、壁を壊すと同時に自らの殻をもボロボロにする危険性も秘めておりますのでご注意を。
ふむふむ、狂気を引き出すこの罰ゲームというもの、研究する余地は多分にありますな。

本番まであと数日、たくさんのお客様がご来場してくださることを願うばかりでございます。

それでは次は女、お酒、博打が大好きさいとう篤史さんよろしくお願いします。



posted by ナイゲン at 23:28| Comment(0) | 稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。